美白化粧品 効果が感じられない理由

美白化粧品で効果が感じられない理由は「浸透力」

紫外線量が増える季節は、シミやくすみ、しわ、乾燥など紫外線による肌へのダメージが気になります。

・紫外線のダメージを受けたくない!
・これ以上のシミはイヤ!
・シミやくすみのない肌になりたい!

など、今度こそ美白ケアを成功させたい、と思っている方も多いと思います。

そんな女性の願いに応えようと、様々なメーカーから「美白化粧品」が発売されています。

でも、思ったより実感できない、とがっかりした経験のある方も多いと聞きます。
効果を実感できた方は少数だと言われています。

がっかりした人の中には、美白化粧品ではシミの改善は無理なのでは・・、と半ば諦めてしまっている方もいるかもしれません。

買った化粧品には、しっかりと美白成分が含まれているのに・・。
では、なぜ美白化粧品は効果が感じられないのでしょうか?

それは、美白成分がシミの原因となるメラニン色素を作るメラノサイトへきちんと届いていないからです。

 

『浸透テクノロジー(QuSome)』のイメージ



美白に良いとされる成分には、ビタミンC誘導体やアルブチンなどがあります。
でも、これらの多くが水にしか馴染まない親水性です。

親水性であれば、肌の表面にある脂質を含む肌のバリアによりメラノサイトへ届きません。
届いても、ほんの少量です。

だからどんなに効果的な美白成分が配合されていても、その効果を発揮できず、熱心にお手入れしても実感できないということになってしまうのです。

親水性の美白成分を肌の奥まで安全に届けるには『浸透テクノロジー(QuSome)』を使った美白製品を選ぶことがポイントになってきます。

『浸透テクノロジー(QuSome)』とは、スキンケア成分を超微小カプセルに包み込むことによって安定化させて角層の奥まで浸透させる技術の事です。

『浸透テクノロジー(QuSome)』を使った美白化粧には、ビーグレンのホワイトクリームexがあります。
これは、美肌成分を肌の角層の奥までしっかり浸透させ、肌荒れを防ぎながら透明感にあふれた輝く肌へと導くクリームです。

一度、お試しになって下さい。

=> ビーグレン ハイドロキノン配合【ホワイトクリームex】

 

サイトマップ

ビロゴン