美白化粧品 効果を高める方法

美白化粧品を正しく使いましょう。

美白化粧品を使う際に、説明書を読んで正しい使い方や適量を守りましょう。
効果的な美白化粧品を使っていても、少量しか使わないなど、間違った使い方をすると効果を感じにくい場合があります。

例えば、
・美白成分の多くは紫外線に敏感なため夜のみの使用にしましょう。
・朝も使用できる場合はUVケアをしましょう。
・シミの改善には時間がかかりますから、3ヶ月間は継続して使用しましょう。


また、美白化粧品を肌に付けるときは、メラノサイトを刺激しないように優しく肌をケアして下さい。

UVケアをしましょう。

日焼け止めは、外出の30分前にお肌に十分に馴染ませてください。

日焼け止めは、時間の経過とともに汗や皮脂などで日焼け止め効果が落ちるので2〜3時間おきにつけ直すのが効果的です。

こまめに付け直しが出来ない場合は、ミネラルパウダーのファンディーションがおすすめです。
パウダーはSPF10〜20程度の効果が期待できます。

UVAの防止効果の高い物やウォータープルーフは肌への負担が大きくなりますから、外にいる時間が長くなるときに使用して、普段はSPF20〜30の物と言う具合に使い分けするのが良い方法です。

保湿ケアをしましょう。

室内のエアコンや強い紫外線の影響で肌は意外と乾燥しています。
保湿成分配合の化粧水で定期的にローションパックするなど、保湿ケアをしっかりしましょう。

肌が潤っていると、肌のバリア機能も働き紫外線の影響も少なくなります。

また、十分な睡眠や、栄養バランスのとれた食事を普段から心がけてください。

美肌・若返りと大きくかかわる「成長ホルモン」は、眠り始めてから最初の3時間に集中して脳下垂体から分泌されるそうです。
眠り始めの3時間を、途切れなくぐっすり眠ることで、睡眠の質は高まり美容にも良いようです。

そのためには、
・眠る3時間前の食事は控える
・眠る前に軽いストレッチやヨガをする
・眠る6時間前はカフェインを控える
・アロマオイル(ラベンダー、カモミールなど)を利用する

など、心地よく眠れる方法を試すのも1つの手です。

偏りのない食事・十分な睡眠をとり、美白化粧品を正しく使うことでお肌は回復していきます。

 

サイトマップ

ビロゴン