ニキビ跡 無くす方法

ニキビ跡が赤く残り悩んでいる・・どうしたらいいのか?

ニキビができなくなり喜んでいたのに、ニキビ跡が赤く残り悩んでいる方が見られます。
今までのニキビケアをしていけばいいのかどうか、迷うところです。

ニキビが炎症してしまい、その後色素沈着により赤みが残ってしまうことはよくあります。

お肌が再生する周期というのは一般的には28日と言われています。

28日サイクル(ターンオーバー)で肌の再生がスムーズに行われていれば、徐々にニキビ跡の赤みは消えていき、跡はのこりにくくなります。

肌を美しく保ちニキビ跡の赤みやシミを消していくには、食生活や生活習慣に気をつけること、そして、肌のターンオーバーが正しく行われることが重要になってきます。

ニキビ跡ができないよう、普段からニキビのできにくい肌環境をつくり、できてしまったニキビ跡には、早めのお手入れをしましょう。

ビーグレンのCセラムは、高配合されているピュアビタミンCがブライトニング効果を発揮し、色素沈着の原因となる活性酸素を除去してくれます。
またお肌のターンオーバーを正常に戻してくれるので、ニキビ跡の色素沈着までも改善してくれます。

ニキビの炎症が無い場合には、ホワイトクリームexの併用が良い方法です。
ホワイトクリームexは、メラニン色素を薄くする還元作用とメラニンの合成を抑える作用を併せ持っています。

また、ホワイトクリームexには油分が含まれているため、ニキビの炎症が有る場合には避けた方がよろしいです。

 

サイトマップ

ビロゴン